デザイン事務所アトリエセツナの日々を綴るブログです。

山形市桜田東4-8-4
e-mail : info☆setsuna-design.net
URL : www.setsuna-design.net
Copyright Atelier SETSUNA,All Rights Reserved.
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
KAKULULU
こんにちは。
春が日本列島を北上し、青森まで桜が行き渡ったようですね。

さて、今日はアトリエセツナが空間や家具を設計させていただいた東池袋のカフェ【KAKULULU】のお話を少し書こうと思います。

昨年の12月の投稿で少しだけ触れましたが、築40年以上の古いビルを丸ごと一棟リノベーションするというプロジェクトです。
初めて現場を見たのが昨年の7月下旬。
経年劣化で使用が困難になった給排水や電気、ガスなどのライフラインの整備から始めるという、ビルの壮大な蘇生作業からの始まりでした。
建物としての安全性、新たに「場」として使っていくための下地作りだけでも数ヶ月を使いました。
解体の一期工事、環境整備の二期工事を経て、創造の段である三期工事が始まったのが11月から。
一筋縄ではいかない手強い建物との半年近くの格闘を経て、ようやく明日、このカフェはオープンします。

リノベーションの詳細はオーナーが綴ったこちらのブログをご覧下さい。

The Revolution Will Not Be Televised


昨日はオープニングパーティがあり、自分が設計した空間でスタッフの皆さんが活き活きと仕事する姿をただ眺めていました。









今、この記事は山形へ戻る新幹線の中で綴っています。
先ほどまで、お店のスタッフの皆さんが明日のオープン準備のミーティングの場にいました。
一年越しのリノベーションは、明日から始まる日々のためにありました。



店内には静かな緊張と期待が入り混じった空気が流れていました。

設計・施工サイドから、店を運営する人たちへとバトンは手渡されました。
今は、訪れるお客さんが味わうであろう幸福な時間を、ただ祈っています。

オーナーである高橋悠さんが選び抜いた食器やカトラリー、店内に流れる抜群にセンスの良いセレクトの音楽、フードコーディネーターでシェフの永易久美子さんが作る料理、提供されるワインやビール、コーヒーも妥協なくセレクトされています。

アトリエセツナとKAKULULUの皆さんで作った空間を、是非ともこのブログを読んで下さっている方々に味わっていただきたいです。



KAKULULU

東京都豊島区東池袋4-29-6
http://kakululu.com

モノツクリゲキジョウ。


今期で最もプレッシャーのかかるプレゼンを終え、OILSTONE GarageでMTG。
相変わらずの素晴らしい仕事ぶりでした。
来月のミッドタウンで行われるイベント/復興デザインマルシェに出品する椅子の細部の作り込みをライブでしてくれました。
ありがとう、透くん。

復興デザインマルシェ
http://www.jidp.or.jp/marche2014/

OILSTONE Garage
http://oilstone-garage.blogspot.jp
ミスター・ハードボイルド。
僕の心の師匠である、梅香堂の堂主、後々田先生が亡くなった。


ミスター・ハードボイルド。

後々田 寿徳

享年 五十一歳

後々田 寿徳

先生が山形から離れてからは連絡先も分からず疎遠になってしまっていたが、偶然が重なり、大阪でギャラリーをされている事を知った。

それを知るとすぐ、僕は梅香堂へ電話をかけた。

先生は僕の声を覚えてくれており、お互いの間にあった空白の時間はすぐに埋まった。

梅香堂でアトリエセツナの展覧会をさせて欲しいとお願いすると

「うちなんかでやってどうする。客なんて来ないぞ」

となかなか許してくれなかった。

僕は、たくさんの縁が重なってまた先生と繋がれたこと、初めての展覧会を先生のギャラリーで開催できたらどれだけ素晴らしいかを説き、渋々と了解してくれた

「じゃあ、金はいらん」


それから一ヶ月して、僕は大阪へ向かった。先生に会うために。

気がはやり、約束の三十分も前に梅香堂に着いてしまった僕を、先生はすでに待っていてくれた。休堂中の梅香堂で。

室内に小さな明かりが灯っており、先生がそこにいるのがわかった。

顔をくしゃくしゃにして出迎えてくれた先生は、昔と変わらずハードボイルドだった。ただ、タバコは辞めていた。

「元気でやっているか」

先生はすべての若者に対しての第一声を、この言葉から始める。


奥さんの出産を控え、本当に今にも産まれて来そうなのに、先生は時間を作って梅香の街を案内してくれた。昔のようにブラブラと、ゆっくりした足取りで。

「カミさんには、渡辺君の携帯電話の番号を教えてある。俺は連絡手段を持っていないから」


先生は、地域に移り住み、アートを展開する若者たちのアトリエを案内してくれた。

「ここに住み着いた皆はフラフラとしていて、頼りがいのない連中だ。そして俺はもっと頼りがいのない人間だ」

先生はハードボイルドに、愛情いっぱいに話した。


若者たちに僕を紹介する先生は、ほんの少し自慢気だった。

「今度梅香堂で展覧会をする、教え子の渡辺君だ。家具のデザイナーをしている。遥々大阪まで来てくれた」

そして、会う若者皆に「元気でやっているか」と始める。

先生は若者の話に笑い、静かにうなずき、そして心を痛めていた。

僕の先生は、地域の若者の先生だった。


かつて大酒飲みだった先生は、ゆっくりと酒を飲んだ。

僕は目を潤ませながら、やっとまた会えた喜びを話し、たくさんの葛藤の話をした。先生は僕のすべてを肯定してくれた。

「どれも間違いじゃない」


勘定の時「大人になった教え子にどうか払わせてください」と頼んだが受け入れてくれなかった。師は遥々やってきた教え子に勘定を払わせる訳はないのに、何て事を言ってしまったんだろうと、今更ながら思う。師匠に自分を誇示してしまった自分が情けない。

結局、この小さな焼鳥屋での夜が、先生との別れになってしまった。


つい二週間ほど前に、先生と梅香堂での展覧会についてのメールのやりとりをしたばかりだった。

「元気にやっているようだな。山形は雪だろうなあ。寒くなったので体に気をつけて」


体に気をつけるのは先生ですよ。

まだ、たくさん教えてもらいたかった。

初めての展覧会を先生のギャラリーで開きたかった。

僕の作品を間近で見て欲しかった。

自分のこれまでを肯定してもらいたかった。

「どれも間違いじゃない」と。


先生が推薦状を書いてくれたお陰で、僕はスウェーデンに留学できました。

とても立派な分厚い紙に、自分には勿体無いほどの言葉を並べてもらいました。

先生がいなければ今の僕は本当に無いんです。


男の立ち振舞を見せてくれました。

ハードボイルドな生き様を示してくれました。

「自分ほど最低な人間はいない」と先生は真顔で言っていたけど、誰もそんなこと信じてはいませんよ。

先生の志を受け継いで、きっと梅香の若者達が街を変えていくでしょう。

何もない寂れた船着場の街に先生が辿り着いた、あの時の気持ちで。




初心に帰る。
雪の山形に戻って、山形市内のとある温泉宿の食堂椅子の修理の仕事です。



デザイナーとしてまだ食えない頃からお世話になっている方からの紹介で、50脚余りの椅子の補修を行うことになりました。
町医者みたいな家具屋だったあの頃を思い出しながら作業しました。

グラついてしまった椅子は本来、一度全てバラしてホゾを掃除してから改めて組み直すと良いのですが、費用がかかり過ぎるので、ビスと接着剤を併用しての補修としました。
椅子のウイークポイントが見えてきて、実り多き補修作業になりました。



山形は本格的に冬入りです。
何かと慌ただしい年の瀬。
皆さんもお体ご自愛ください。
工業遺産。




設計中のカフェの現場打ち合わせのため、東京に来てました。

店内の骨組みが見えてきて、細かなディテールの話を六時間に渡りディープに話し込むという一番おいしいミーティング。
実にたくさんの事を決め、現場がまた動き出します。

ギャラリーになる地階には、古代の壁画を思わせる年代物の壁紙が残されています。
古い部分の取り扱いに細心の注意を払いながら、俗に言う"リノベーション"は進んでいきます。
感無量の晩餐。
長らくご無沙汰しております。
ちゃんと仕事してますので、ご安心下さい。

今日は、デザイナー冥利に尽きる夜のお話を。

ひと月ほど前に、新築のお宅にとても大きなダイニングテーブルを納めさせていただきました。
後日、そのお宅にお招きいただいて、ディナーをご馳走になりました。
家具の撮影を終えたのが夕方少し前。
そこから、自分の作品であるテーブルの上で素晴らしいワインの夜は始まりました。



貴重なワインコレクションを惜しげも無く何本も開けて下さり、丁寧にデキャンタして出していただきました。



美味しい食事、弾む会話。
気付けば遅い時間。楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。


自分が産み出した家具は、お客様の生活の中に入って行き、家族の一員になります。納品してしばらく経ち、その家具が生活空間の中に溶け込み、日々の豊かさを得る一部となっている姿を覗き見ることができるのは、産みの親としてこれ以上にない喜びです。



この素晴らし過ぎる夜は、自分のデザイナーとしてのこれからを支える糧となることは言うまでもなく、この仕事を始めてよかったと心から思える経験となりました。




haruka nakamura quartet with imagem
おばんでございます。

久しぶりの記事になりました。
アトリエセツナは今、多産の前の準備段階とでもいいましょうか、様々な案件の検討を重ねています。

今日は、来月山形市の文翔館で行われる素敵なライブイベントについて書きたいと思います。

アトリエセツナではポスターやフライヤーのデザインをお手伝いさせて頂きました。


ポスター(⇓クリックで拡大!)




haruka nakamuraというアーティストを皆さんご存知でしょうか。


ここで多くは語りませんが、とても映像的な美しい音楽を作る方です。
研ぎ澄まされた一音一音が物語を感じさせ、景色を感じさせます。

そんなharuka nakamuraさんが映像作家とのコラボレーションライブをする、という聞いただけでも素晴らしそうなイベントです。

映像作家は黄木優寿さんと田中可也子さんのお二人。
海外のコンペティション入選という実力のあるアーティストです。

映像の断片を貼っておきます。


黄木優寿


田中可也子

音楽と映像の融合。
果たしてどのようなものになるのでしょうか。

歴史ある建築物のもと、とても貴重な夜になることは間違いありません。



日時:2013年5月25日(土) 17時開場/18時開演 

場所:文翔館議場ホール(山形市旅篭町3丁目4番1号)

主催:haruka nakamura - yamagata project, 山形ブラジル音楽普及協会 


詳しくは特設ホームページ



facebookのアカウントをお持ちの方は


でも詳細を確認できます。



JUGEMテーマ:音楽

100脚の祈りの椅子 / Pray chair
こんにちは。

今日は、アトリエセツナ史上、もっとも大規模な家具の仕事をご覧いただこうと思います。


仙台市泉区にある泉聖書バプテスト教会様の会堂椅子です。

全部で100脚作らせていただきました。




この教会は、震災によって建物が大変な被害を受け、約二年の歳月をかけて再建されました。


ご縁があって会堂の椅子のご相談をいただいたのが、昨年の春先でした。そこからたくさんの打ち合わせを経てようやく完成したのが、この「祈りの椅子/Pray chair」です。



教会の椅子といえば誰もがイメージするのは、ベンチのようなかたちで数人が横並びに掛けるものだと思います。


しかし、今回ご要望にあがったのは、簡単に移動でき、スタッキング可能な椅子というものでした。教会の行事で会堂を広場として使う際に、簡単にスペースを作れるようにです。


スタッキングを可能にすることは原理上簡単ですが、そこに機能的な美しさと軽さと強度を兼ね備えることは、なかなかの難題でした。


思案を重ねるうちに思いついたのが、スタックするかたちを造形として取り入れるという手法でした。



座面の後ろ側にくぼみがあるのが分かるかと思いますが、ここにスタックする次の椅子の後脚が入っていきます。


機能として必要なかたちをチャームポイントとして成立させることができたと思っています。

部材はギリギリまで細く、接合部分の強度も考えながら構造を考えました。

また、たくさんの椅子が並ぶので、集合としての美しさも大切です。

空間が重くならないよう、背板の巾はミリ単位で検証しました。


この椅子はオイルフィニッシュで、塗装は教会の皆さんと一緒にワークショップ形式で行いました。

今後のお手入れをできるようにと、たくさんの方々が集まってくださいました。

参加してくださった皆さんは口々に「このワークショップで、教会そのものが自分たちのものとなった実感を持てた」とおっしゃっておられました。

100脚の椅子が並んだ景色を見るのは、本当にデザイナー冥利に尽きる経験でした。そしてなにより、教会の皆様と作り上げた空間を共有できたことは自分の今後の糧となりました。

椅子を収めた後も何度か教会に足を運びましたが、皆さんが椅子を愛し、教会を愛しておられるように感じられました。



「椅子がこの教会の自慢よ!」

と声をかけていただいた時には感無量でした。


塗装メンテナンスには毎年僕も参加し、一緒になってこの祈りの椅子を大切にしていこうと思います。

建築設計施工 : 株式会社 Shelter







A Happy New Year.

A Happy New Year.

本年も皆様にとって素敵な一年になりますように。

アトリエセツナ
渡辺吉太

 
新作/ fai work desk.
おばんでございます。

今日は新作のワークデスクをご覧いただこうと思います。


fai work desk




天板:ウォールナット無垢材+オイルフィニッシュ
脚部:Φ17.3スチールパイプ+粉体焼付塗装

◯製作
メタルワーク Oilstone Garage
NC加工 有限会社 佐藤工芸
塗装 株式会社 山形工業塗装


ウォールナット無垢材の天板。
独特の存在感は、他の樹種では得ることができません。






天板の面取りはNCでおこないました。
なだらかな天板面とふっくらとした裏面。エッジの処理で印象は大きく違うものです。
空間に溶け込むような天板を目指し、刃物との兼ね合いも考えながら選んだディテールです。



脚部の金属加工はお馴染みのOilstone Garageです。
今回も超絶技巧が冴えています。
この曲げ、手曲げなんです。ゾッとしますね。
最低限の設備で極限のパフォーマンス。

塗装は山形が誇る工業塗装工場、山形工業塗装さんです。
前回紹介したシリーズ第一弾のfai chairと同様、スウェードのようなしっとりサラサラな手触りです。
塗装工場の会長さんが「こんなのあるよ」と出してくれたサンプルが、まさに欲しかったテクスチャでした。
しばらくオリジナルの家具はこの塗装でいこうと思っています。


天板と脚部はノックダウン式となっています。
なるべく小さな梱包にすることで、遠方のお客様へも低コストでお届けすることを想定しています。
ジョイントコネクタなので、六角一本で簡単に組み立てることができます。

プレート部分は座彫りを施し、天板裏側とフラットに納まります。
「臓物まで美しく」です。
決して安い家具ではないので、所有する喜びを感じていただくために、このような細かな部分にも細心の注意を払います。

山形のものづくりの力を結集しての家具作りは、毎日がとてもエキサイティングです。
土地に培われた技術を結びつけ、ひとつのかたちにする。
たくさんの素材を用いる家具という分野には、それがピッタリとハマります。


日本一の家具屋を目指して、日々精進です。



photo by : アトリエセツナ