デザイン事務所アトリエセツナの日々を綴るブログです。

山形市桜田東4-8-4
e-mail : info☆setsuna-design.net
URL : www.setsuna-design.net
Copyright Atelier SETSUNA,All Rights Reserved.
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
OU全国発売記念イベント





山本製作所のペレットストーブOUの全国発売記念イベントが、千代田区丸の内のASJ TOKYO CELLにて開催されます。 山形のクラフトマンシップが生み出した、工芸品ような佇まいを是非体感してみて下さい! 詳細はメーカーサイトでも確認できます。 http://www.woody-yamamoto.jp/info/wn_99.html
ちょうどいい平屋のリノベーション
米沢市の平屋のリノベーションです。 築40年の住宅が生まれ変わりました。   古い住宅によくある「田の字プラン」を現代の考えに基づいてレイアウトを変更しました。 2つある子ども部屋はLDKと接しており、プライバシーを確保しながらも家族と繋がる構成としました。   リビング側の天井は小屋組みの現れないギリギリのラインまで高くし、開放感を作りました。 逆にキッチンとダイニングの空間は天井高を下げることで、落ち着きのある、家族の距離が近く感じられる工夫を施しました。   玄関は開放的なLDKの前段階として、落ち着いた雰囲気です。 素材感のある左官仕上げを選びました。 洗面脱衣室はカラリとした明るい空間です。 奥には既存のボイラー室を利用した、物干しスペースを作りました。 働きながら家事をこなす奥様に喜んでいただきました。 比較的安価に購入できる古い住宅ですが、手を加えて構造を強固に、そして断熱性能を高めることで、まだまだ住み繋いでいくことができます。 若いご夫婦にふさわしい「ちょうどいい」住宅になりました。 Before - Afterの写真は、業務を提携しているアジリノのHPにてご覧いただけます。 ○アジリノ 写真:根岸功写真事務所
オリジナル階段とバルコニーがある家

アトリエセツナでリノベーションデザインをお手伝いした、山形市内の住宅です。

既存のレイアウトを大胆に変更し、明るく健康的な空間が生まれました。

 

 

 

 

 

二階の一部を敢えて減築することで、階段室を通して南側から多くの自然光を取り込むことが可能になりました。

 

 

和室との境界には縦格子を配し、LDKとの透明感のある繋がりを作り出しました。

 

 

作り付けの造作家具にはチークの練付を採用。

単調な木目にならないよう、ランダム接ぎの練付材を使用しました。

 

お子さんたちがのびのびと成長する、家族に愛される家になって欲しいものです。

 

Before - Afterの写真は、業務を提携しているアジリノのHPにてご覧いただけます。

 

○アジリノ

 

写真:根岸功写真事務所

フリーマガジンgatta!/さんろくまる


フリーマガジンgatta!のリノベーション特集に、アトリエセツナの仕事「wine &dashi-ba さんろくまる」をご紹介いただきました。 さんろくまるに込めたデザインの意図が分かりやすくまとめられています。 山形で活躍するデザイナーそれぞれの仕事紹介や対談など「リノベーションとは?」を問う、これからの街づくりまで示唆するような内容です。 gatta!は街のあちこちで見かけることができますので、お家に持ち帰ってゆっくり読んでみて下さい。 リンクのweb版では、さらに掘り下げたインタビューが掲載されています。


↓フリーマガジンgatta!
https://www.okaze-gatta.jp/feature/6193
primitive innocence.
アトリエセツナがデザインした、山本製作所ペレットストーブOU/オウのプロモーションビデオ"primitive innocence"が公開されました。 ディレクターには僕のソウルメイトFARVEの永易直樹氏を迎えて制作。彼のセンスを遺憾無く発揮してくれました。 炎を操るという人類のプリミティブな技術を表現するために、BGMはドラムソロのみの構成。 ドラマーは、あの石若駿さんです。日本jazz界屈指のドラマーの才能溢れるドラミングは鮮烈です。 どうぞ、デバイスのボリュームを上げてお楽しみ下さい。




OU/オウ ペレットストーブ 山本製作所100周年記念モデル












アトリエセツナ渾身のデザイン、山本製作所Pellet stove "OU/オウ"がリリースされました。 フロントパーツは、900年以上その技術に磨きをかけ続けてきた菊地保寿堂が製作。OUに生命感を宿していただきました。 サイドの木部は高度な成型合板技術を持つ、天童木工製。 山形が誇る最高峰のものづくり企業がタッグを組んだこのプロジェクト。 ついに発表することができました。 二年半に及ぶ開発期間を共に過ごしたプロジェクトメンバーの皆さん、本当にありがとうございました。 この経験を経て僕は、自らを初めてデザイナーと呼べるようになったと感じています。

新製品発表会は二子玉川蔦屋家電にて開催中です。

一般展示 2018 年 10月27日(土)~28日(日)9:30~21:00 会場 二子玉川 蔦屋家電 2階 E-room2

https://store.tsite.jp

fai chair






アトリエセツナの定番となったダイニングチェア”fai chair”のお問い合わせが多いため、現行モデルの仕様及び価格についてお知らせいたします。

現行モデルは背と座面がウレタン塗装となり、価格は38000円(税抜)となっております。

ご希望により、フレームの焼付塗装色の指定や木部樹種の変更の対応可能です。




吉田羊さんや、星野源さんも撮影で座ったこの椅子。
とても思い入れのある作品です。


※写真は東池袋KAKULULU特別仕様のfaiのカウンターチェアモデルです。

お問い合わせは
info@setsuna-design.net
までお願いいたします。
A new project has started.


アトリエセツナで設計を担当する、住宅のリノベーションプロジェクトが始動しました。
内装フルスケルトンからの大規模なプロジェクトです。
道のりがとても楽しみです。
音楽の話をしよう




星野源さんの対談をまとめた「音楽の話をしよう」の表紙が、なんと!アトリエセツナの最高傑作のひとつ、東池袋のKAKULULUで撮影されたものになりました。
カウンターで行われた生田斗真さんとの対談の様子もノーカットで収録されるようです。
発売は6月27日。是非、お手にとってご覧ください。
Ur dining table




ふくよかなエッジを持つ天板と、それを支える大きな曲線。
曲線を多く用いながら、凛とした佇まい。
自分の中で、デザインの新たな扉を開く事のできた感触の残る作品です。

天板:ホワイトオーク+ウレタン塗装
脚部:スチールパイプ・フラットバー+焼付塗装

A new product :
Ur dining table Designed by Atelier SETSUNA co.LTD/株式会社アトリエセツナ
建築設計施工 : 株式会社Shelter

Special thanks to:
昭和木材株式会社
有限会社佐藤工芸
株式会社谷川工業
株式会社山形工業塗装

Appreciate to 相澤源
Photo by Yoshita WATANABE