デザイン事務所アトリエセツナの日々を綴るブログです。

山形市桜田東4-8-4
e-mail : info☆setsuna-design.net
URL : www.setsuna-design.net
Copyright Atelier SETSUNA,All Rights Reserved.
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 初心に帰る。 | main | モノツクリゲキジョウ。 >>
ミスター・ハードボイルド。
僕の心の師匠である、梅香堂の堂主、後々田先生が亡くなった。


ミスター・ハードボイルド。

後々田 寿徳

享年 五十一歳

後々田 寿徳

先生が山形から離れてからは連絡先も分からず疎遠になってしまっていたが、偶然が重なり、大阪でギャラリーをされている事を知った。

それを知るとすぐ、僕は梅香堂へ電話をかけた。

先生は僕の声を覚えてくれており、お互いの間にあった空白の時間はすぐに埋まった。

梅香堂でアトリエセツナの展覧会をさせて欲しいとお願いすると

「うちなんかでやってどうする。客なんて来ないぞ」

となかなか許してくれなかった。

僕は、たくさんの縁が重なってまた先生と繋がれたこと、初めての展覧会を先生のギャラリーで開催できたらどれだけ素晴らしいかを説き、渋々と了解してくれた

「じゃあ、金はいらん」


それから一ヶ月して、僕は大阪へ向かった。先生に会うために。

気がはやり、約束の三十分も前に梅香堂に着いてしまった僕を、先生はすでに待っていてくれた。休堂中の梅香堂で。

室内に小さな明かりが灯っており、先生がそこにいるのがわかった。

顔をくしゃくしゃにして出迎えてくれた先生は、昔と変わらずハードボイルドだった。ただ、タバコは辞めていた。

「元気でやっているか」

先生はすべての若者に対しての第一声を、この言葉から始める。


奥さんの出産を控え、本当に今にも産まれて来そうなのに、先生は時間を作って梅香の街を案内してくれた。昔のようにブラブラと、ゆっくりした足取りで。

「カミさんには、渡辺君の携帯電話の番号を教えてある。俺は連絡手段を持っていないから」


先生は、地域に移り住み、アートを展開する若者たちのアトリエを案内してくれた。

「ここに住み着いた皆はフラフラとしていて、頼りがいのない連中だ。そして俺はもっと頼りがいのない人間だ」

先生はハードボイルドに、愛情いっぱいに話した。


若者たちに僕を紹介する先生は、ほんの少し自慢気だった。

「今度梅香堂で展覧会をする、教え子の渡辺君だ。家具のデザイナーをしている。遥々大阪まで来てくれた」

そして、会う若者皆に「元気でやっているか」と始める。

先生は若者の話に笑い、静かにうなずき、そして心を痛めていた。

僕の先生は、地域の若者の先生だった。


かつて大酒飲みだった先生は、ゆっくりと酒を飲んだ。

僕は目を潤ませながら、やっとまた会えた喜びを話し、たくさんの葛藤の話をした。先生は僕のすべてを肯定してくれた。

「どれも間違いじゃない」


勘定の時「大人になった教え子にどうか払わせてください」と頼んだが受け入れてくれなかった。師は遥々やってきた教え子に勘定を払わせる訳はないのに、何て事を言ってしまったんだろうと、今更ながら思う。師匠に自分を誇示してしまった自分が情けない。

結局、この小さな焼鳥屋での夜が、先生との別れになってしまった。


つい二週間ほど前に、先生と梅香堂での展覧会についてのメールのやりとりをしたばかりだった。

「元気にやっているようだな。山形は雪だろうなあ。寒くなったので体に気をつけて」


体に気をつけるのは先生ですよ。

まだ、たくさん教えてもらいたかった。

初めての展覧会を先生のギャラリーで開きたかった。

僕の作品を間近で見て欲しかった。

自分のこれまでを肯定してもらいたかった。

「どれも間違いじゃない」と。


先生が推薦状を書いてくれたお陰で、僕はスウェーデンに留学できました。

とても立派な分厚い紙に、自分には勿体無いほどの言葉を並べてもらいました。

先生がいなければ今の僕は本当に無いんです。


男の立ち振舞を見せてくれました。

ハードボイルドな生き様を示してくれました。

「自分ほど最低な人間はいない」と先生は真顔で言っていたけど、誰もそんなこと信じてはいませんよ。

先生の志を受け継いで、きっと梅香の若者達が街を変えていくでしょう。

何もない寂れた船着場の街に先生が辿り着いた、あの時の気持ちで。




COMMENT









Trackback URL
http://blog.setsuna-design.net/trackback/1425820
TRACKBACK