デザイン事務所アトリエセツナの日々を綴るブログです。

山形市桜田東4-8-4
tel/FAX : 023-674-9035
e-mail : info@setsuna-design.net
URL : www.setsuna-design.net
Copyright Atelier SETSUNA,All Rights Reserved.
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< A Happy New Year. | main | haruka nakamura quartet with imagem >>
100脚の祈りの椅子 / Pray chair
こんにちは。

今日は、アトリエセツナ史上、もっとも大規模な家具の仕事をご覧いただこうと思います。


仙台市泉区にある泉聖書バプテスト教会様の会堂椅子です。

全部で100脚作らせていただきました。




この教会は、震災によって建物が大変な被害を受け、約二年の歳月をかけて再建されました。


ご縁があって会堂の椅子のご相談をいただいたのが、昨年の春先でした。そこからたくさんの打ち合わせを経てようやく完成したのが、この「祈りの椅子/Pray chair」です。



教会の椅子といえば誰もがイメージするのは、ベンチのようなかたちで数人が横並びに掛けるものだと思います。


しかし、今回ご要望にあがったのは、簡単に移動でき、スタッキング可能な椅子というものでした。教会の行事で会堂を広場として使う際に、簡単にスペースを作れるようにです。


スタッキングを可能にすることは原理上簡単ですが、そこに機能的な美しさと軽さと強度を兼ね備えることは、なかなかの難題でした。


思案を重ねるうちに思いついたのが、スタックするかたちを造形として取り入れるという手法でした。



座面の後ろ側にくぼみがあるのが分かるかと思いますが、ここにスタックする次の椅子の後脚が入っていきます。


機能として必要なかたちをチャームポイントとして成立させることができたと思っています。

部材はギリギリまで細く、接合部分の強度も考えながら構造を考えました。

また、たくさんの椅子が並ぶので、集合としての美しさも大切です。

空間が重くならないよう、背板の巾はミリ単位で検証しました。


この椅子はオイルフィニッシュで、塗装は教会の皆さんと一緒にワークショップ形式で行いました。

今後のお手入れをできるようにと、たくさんの方々が集まってくださいました。

参加してくださった皆さんは口々に「このワークショップで、教会そのものが自分たちのものとなった実感を持てた」とおっしゃっておられました。

100脚の椅子が並んだ景色を見るのは、本当にデザイナー冥利に尽きる経験でした。そしてなにより、教会の皆様と作り上げた空間を共有できたことは自分の今後の糧となりました。

椅子を収めた後も何度か教会に足を運びましたが、皆さんが椅子を愛し、教会を愛しておられるように感じられました。



「椅子がこの教会の自慢よ!」

と声をかけていただいた時には感無量でした。


塗装メンテナンスには毎年僕も参加し、一緒になってこの祈りの椅子を大切にしていこうと思います。

建築設計施工 : 株式会社 Shelter







COMMENT









Trackback URL
http://blog.setsuna-design.net/trackback/1425815
TRACKBACK