デザイン事務所アトリエセツナの日々を綴るブログです。

山形市桜田東4-8-4
tel/FAX : 023-674-9035
e-mail : info@setsuna-design.net
URL : www.setsuna-design.net
Copyright Atelier SETSUNA,All Rights Reserved.
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 100台の椅子。 | main | A Happy New Year. >>
新作/ fai work desk.
おばんでございます。

今日は新作のワークデスクをご覧いただこうと思います。


fai work desk




天板:ウォールナット無垢材+オイルフィニッシュ
脚部:Φ17.3スチールパイプ+粉体焼付塗装

◯製作
メタルワーク Oilstone Garage
NC加工 有限会社 佐藤工芸
塗装 株式会社 山形工業塗装


ウォールナット無垢材の天板。
独特の存在感は、他の樹種では得ることができません。






天板の面取りはNCでおこないました。
なだらかな天板面とふっくらとした裏面。エッジの処理で印象は大きく違うものです。
空間に溶け込むような天板を目指し、刃物との兼ね合いも考えながら選んだディテールです。



脚部の金属加工はお馴染みのOilstone Garageです。
今回も超絶技巧が冴えています。
この曲げ、手曲げなんです。ゾッとしますね。
最低限の設備で極限のパフォーマンス。

塗装は山形が誇る工業塗装工場、山形工業塗装さんです。
前回紹介したシリーズ第一弾のfai chairと同様、スウェードのようなしっとりサラサラな手触りです。
塗装工場の会長さんが「こんなのあるよ」と出してくれたサンプルが、まさに欲しかったテクスチャでした。
しばらくオリジナルの家具はこの塗装でいこうと思っています。


天板と脚部はノックダウン式となっています。
なるべく小さな梱包にすることで、遠方のお客様へも低コストでお届けすることを想定しています。
ジョイントコネクタなので、六角一本で簡単に組み立てることができます。

プレート部分は座彫りを施し、天板裏側とフラットに納まります。
「臓物まで美しく」です。
決して安い家具ではないので、所有する喜びを感じていただくために、このような細かな部分にも細心の注意を払います。

山形のものづくりの力を結集しての家具作りは、毎日がとてもエキサイティングです。
土地に培われた技術を結びつけ、ひとつのかたちにする。
たくさんの素材を用いる家具という分野には、それがピッタリとハマります。


日本一の家具屋を目指して、日々精進です。



photo by : アトリエセツナ
COMMENT









Trackback URL
http://blog.setsuna-design.net/trackback/1425813
TRACKBACK