デザイン事務所アトリエセツナの日々を綴るブログです。

山形市桜田東4-8-4
e-mail : info☆setsuna-design.net
URL : www.setsuna-design.net
Copyright Atelier SETSUNA,All Rights Reserved.
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ミーティングテーブル




窓からの緑が美しいオフィスに、ミーティングテーブルをお届けしてきました。 ずっとやってみたかった、ぽってりとした厚みのあるふくよかな甲板。

70mmのエッジは触っていて気持ちいいです。
狙いどおりの浮遊感がでました。
よき商談の場になりますようにと祈願。
長いカウンター


仙台市某所のオフィスに8.5mの長いカウンターを取り付けできました。

建物の壁や床は、目に見えているほど平行・垂直ではなく、根気よく完璧を求めて地軸に平行垂直に取り付けます。

この達成感がたまりません。

アジリノ




アトリエセツナでインテリアデザインのお手伝いをさせていただいている、米沢のリノベーションプロジェクト「アジリノ」が始動しました。 モデルハウスでは、モールテックス製のキッチンやダイニングセットなど、素材感豊かなプロダクトがご覧いただけます。 始動早々、複数のプロジェクトが動き始めました。 楽しくなりそうです。

アジリノ


http://www.ajireno.com/
プレス掲載/エル・デコ


3月7日発売のELLE DECOR/エル・デコに、アトリエセツナの家具を掲載いただきました。

世界の名だたるデザイナーの作品に混じっての記事、なんだか恐縮です。

書店やコンビニで見かけたら、お手にとって是非82ページをご覧ください。
LiVES/リノベーションのすべて
ご無沙汰しております。
ここ最近のアトリエセツナといえば、ありがたいことに全国多方面のお客様からのご依頼により、忙しい日々を送っています。
小さなデザイン事務所を信頼し、ご依頼くださること、とても有難く思っております。

さて、本日のお題です。
住宅とインテリアの雑誌LiVESにて、当アトリエが設計した東池袋のカフェKAKULULUが特集されています。



情熱をもって取り組んだ仕事を、全国出版の雑誌に取り上げていただき、光栄です。

http://www.livesjapan.com/latestissue/

お近くの書店で見かけたら、是非お手にとってご覧ください。
on off.
こんにちは。
今日は、アトリエセツナの昼と夜について書いてみたいと思います。

まずは仕事について。
最近、カップボードのご依頼が多く、多様なご要望に応じて設計しています。



このカップボードは、クルミの仕様です。
壁面に貼られたタイルとの相性がとてもいいですね。



引手にはウォールナットを使いました。
甘くなりがちな、木製の箱物家具の雰囲気がピリッと引き締まります。

カップボードは、キッチン収納の要。
扉や引出しの大きさや配置バランスは奥深く、お客様の要望によって無限の組み合わせがありそうです。


夜は、後輩で弟のような存在のトオルのお店four O'clickで開催されたライブにいってきました。

Junnosさんというアーティストで、家族を連れてキャンピングカーで旅をしながら各地でライブを行っている方です。



歌詞に綴られた日常の様々な断片が、巧みに構成されたメロディに乗って、とても活き活きと届いてきました。
娘さんとのコラボレーションもあり、会場は沸いていました。父と娘の美しい関係。見つめ合いながら一音ずつ紡ぎ出す姿にウルッときました。

仕事もうまくいったし、いい音楽のお陰で、いい一日になりました。

皆さんも、よい週末を。

KAKULULU
こんにちは。
春が日本列島を北上し、青森まで桜が行き渡ったようですね。

さて、今日はアトリエセツナが空間や家具を設計させていただいた東池袋のカフェ【KAKULULU】のお話を少し書こうと思います。

昨年の12月の投稿で少しだけ触れましたが、築40年以上の古いビルを丸ごと一棟リノベーションするというプロジェクトです。
初めて現場を見たのが昨年の7月下旬。
経年劣化で使用が困難になった給排水や電気、ガスなどのライフラインの整備から始めるという、ビルの壮大な蘇生作業からの始まりでした。
建物としての安全性、新たに「場」として使っていくための下地作りだけでも数ヶ月を使いました。
解体の一期工事、環境整備の二期工事を経て、創造の段である三期工事が始まったのが11月から。
一筋縄ではいかない手強い建物との半年近くの格闘を経て、ようやく明日、このカフェはオープンします。

リノベーションの詳細はオーナーが綴ったこちらのブログをご覧下さい。

The Revolution Will Not Be Televised


昨日はオープニングパーティがあり、自分が設計した空間でスタッフの皆さんが活き活きと仕事する姿をただ眺めていました。









今、この記事は山形へ戻る新幹線の中で綴っています。
先ほどまで、お店のスタッフの皆さんが明日のオープン準備のミーティングの場にいました。
一年越しのリノベーションは、明日から始まる日々のためにありました。



店内には静かな緊張と期待が入り混じった空気が流れていました。

設計・施工サイドから、店を運営する人たちへとバトンは手渡されました。
今は、訪れるお客さんが味わうであろう幸福な時間を、ただ祈っています。

オーナーである高橋悠さんが選び抜いた食器やカトラリー、店内に流れる抜群にセンスの良いセレクトの音楽、フードコーディネーターでシェフの永易久美子さんが作る料理、提供されるワインやビール、コーヒーも妥協なくセレクトされています。

アトリエセツナとKAKULULUの皆さんで作った空間を、是非ともこのブログを読んで下さっている方々に味わっていただきたいです。



KAKULULU

東京都豊島区東池袋4-29-6
http://kakululu.com

初心に帰る。
雪の山形に戻って、山形市内のとある温泉宿の食堂椅子の修理の仕事です。



デザイナーとしてまだ食えない頃からお世話になっている方からの紹介で、50脚余りの椅子の補修を行うことになりました。
町医者みたいな家具屋だったあの頃を思い出しながら作業しました。

グラついてしまった椅子は本来、一度全てバラしてホゾを掃除してから改めて組み直すと良いのですが、費用がかかり過ぎるので、ビスと接着剤を併用しての補修としました。
椅子のウイークポイントが見えてきて、実り多き補修作業になりました。



山形は本格的に冬入りです。
何かと慌ただしい年の瀬。
皆さんもお体ご自愛ください。
工業遺産。




設計中のカフェの現場打ち合わせのため、東京に来てました。

店内の骨組みが見えてきて、細かなディテールの話を六時間に渡りディープに話し込むという一番おいしいミーティング。
実にたくさんの事を決め、現場がまた動き出します。

ギャラリーになる地階には、古代の壁画を思わせる年代物の壁紙が残されています。
古い部分の取り扱いに細心の注意を払いながら、俗に言う"リノベーション"は進んでいきます。
感無量の晩餐。
長らくご無沙汰しております。
ちゃんと仕事してますので、ご安心下さい。

今日は、デザイナー冥利に尽きる夜のお話を。

ひと月ほど前に、新築のお宅にとても大きなダイニングテーブルを納めさせていただきました。
後日、そのお宅にお招きいただいて、ディナーをご馳走になりました。
家具の撮影を終えたのが夕方少し前。
そこから、自分の作品であるテーブルの上で素晴らしいワインの夜は始まりました。



貴重なワインコレクションを惜しげも無く何本も開けて下さり、丁寧にデキャンタして出していただきました。



美味しい食事、弾む会話。
気付けば遅い時間。楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。


自分が産み出した家具は、お客様の生活の中に入って行き、家族の一員になります。納品してしばらく経ち、その家具が生活空間の中に溶け込み、日々の豊かさを得る一部となっている姿を覗き見ることができるのは、産みの親としてこれ以上にない喜びです。



この素晴らし過ぎる夜は、自分のデザイナーとしてのこれからを支える糧となることは言うまでもなく、この仕事を始めてよかったと心から思える経験となりました。