デザイン事務所アトリエセツナの日々を綴るブログです。

山形市桜田東4-8-4
e-mail : info☆setsuna-design.net
URL : www.setsuna-design.net
Copyright Atelier SETSUNA,All Rights Reserved.
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
fai chair






アトリエセツナの定番となったダイニングチェア”fai chair”のお問い合わせが多いため、現行モデルの仕様及び価格についてお知らせいたします。

現行モデルは背と座面がウレタン塗装となり、価格は38000円(税抜)となっております。

ご希望により、フレームの焼付塗装色の指定や木部樹種の変更の対応可能です。




吉田羊さんや、星野源さんも撮影で座ったこの椅子。
とても思い入れのある作品です。


※写真は東池袋KAKULULU特別仕様のfaiのカウンターチェアモデルです。

お問い合わせは
info@setsuna-design.net
までお願いいたします。
A new project has started.


アトリエセツナで設計を担当する、住宅のリノベーションプロジェクトが始動しました。
内装フルスケルトンからの大規模なプロジェクトです。
道のりがとても楽しみです。
音楽の話をしよう




星野源さんの対談をまとめた「音楽の話をしよう」の表紙が、なんと!アトリエセツナの最高傑作のひとつ、東池袋のKAKULULUで撮影されたものになりました。
カウンターで行われた生田斗真さんとの対談の様子もノーカットで収録されるようです。
発売は6月27日。是非、お手にとってご覧ください。
Ur dining table




ふくよかなエッジを持つ天板と、それを支える大きな曲線。
曲線を多く用いながら、凛とした佇まい。
自分の中で、デザインの新たな扉を開く事のできた感触の残る作品です。

天板:ホワイトオーク+ウレタン塗装
脚部:スチールパイプ・フラットバー+焼付塗装

A new product :
Ur dining table Designed by Atelier SETSUNA co.LTD/株式会社アトリエセツナ
建築設計施工 : 株式会社Shelter

Special thanks to:
昭和木材株式会社
有限会社佐藤工芸
株式会社谷川工業
株式会社山形工業塗装

Appreciate to 相澤源
Photo by Yoshita WATANABE
ミーティングテーブル




窓からの緑が美しいオフィスに、ミーティングテーブルをお届けしてきました。 ずっとやってみたかった、ぽってりとした厚みのあるふくよかな甲板。

70mmのエッジは触っていて気持ちいいです。
狙いどおりの浮遊感がでました。
よき商談の場になりますようにと祈願。
長いカウンター


仙台市某所のオフィスに8.5mの長いカウンターを取り付けできました。

建物の壁や床は、目に見えているほど平行・垂直ではなく、根気よく完璧を求めて地軸に平行垂直に取り付けます。

この達成感がたまりません。

アジリノ




アトリエセツナでインテリアデザインのお手伝いをさせていただいている、米沢のリノベーションプロジェクト「アジリノ」が始動しました。 モデルハウスでは、モールテックス製のキッチンやダイニングセットなど、素材感豊かなプロダクトがご覧いただけます。 始動早々、複数のプロジェクトが動き始めました。 楽しくなりそうです。

アジリノ


http://www.ajireno.com/
プレス掲載/エル・デコ


3月7日発売のELLE DECOR/エル・デコに、アトリエセツナの家具を掲載いただきました。

世界の名だたるデザイナーの作品に混じっての記事、なんだか恐縮です。

書店やコンビニで見かけたら、お手にとって是非82ページをご覧ください。
LiVES/リノベーションのすべて
ご無沙汰しております。
ここ最近のアトリエセツナといえば、ありがたいことに全国多方面のお客様からのご依頼により、忙しい日々を送っています。
小さなデザイン事務所を信頼し、ご依頼くださること、とても有難く思っております。

さて、本日のお題です。
住宅とインテリアの雑誌LiVESにて、当アトリエが設計した東池袋のカフェKAKULULUが特集されています。



情熱をもって取り組んだ仕事を、全国出版の雑誌に取り上げていただき、光栄です。

http://www.livesjapan.com/latestissue/

お近くの書店で見かけたら、是非お手にとってご覧ください。
on off.
こんにちは。
今日は、アトリエセツナの昼と夜について書いてみたいと思います。

まずは仕事について。
最近、カップボードのご依頼が多く、多様なご要望に応じて設計しています。



このカップボードは、クルミの仕様です。
壁面に貼られたタイルとの相性がとてもいいですね。



引手にはウォールナットを使いました。
甘くなりがちな、木製の箱物家具の雰囲気がピリッと引き締まります。

カップボードは、キッチン収納の要。
扉や引出しの大きさや配置バランスは奥深く、お客様の要望によって無限の組み合わせがありそうです。


夜は、後輩で弟のような存在のトオルのお店four O'clickで開催されたライブにいってきました。

Junnosさんというアーティストで、家族を連れてキャンピングカーで旅をしながら各地でライブを行っている方です。



歌詞に綴られた日常の様々な断片が、巧みに構成されたメロディに乗って、とても活き活きと届いてきました。
娘さんとのコラボレーションもあり、会場は沸いていました。父と娘の美しい関係。見つめ合いながら一音ずつ紡ぎ出す姿にウルッときました。

仕事もうまくいったし、いい音楽のお陰で、いい一日になりました。

皆さんも、よい週末を。